箔押し 何にでもトライ 田中箔押所

箔押し 箔押 ロゴ

ホーム

箔押とは

素材に

既製品に

値段

リンク

ブログ

サイトmap

箔押し ホットスタンピング

歴史

日本の箔押しは、19世紀初頭から、おこなわれていました。

戦前までは、金属自体を薄くのばした金属箔 顔料を薄くのばした泥箔を使い、
洋書の装丁 帽子 桐箱 皮革製品 に、一般印刷では、できない立体製品に
行われてきました。 本金の箔も戦前までは、多く使われていました。

現在の箔押が、 ホットスタンピング、と呼ばれるようになるのは、巻き取り可能なポリエステルのフイルムに箔本体を、密着させた。真空蒸着箔が、できてからです。
巻き取り式の箔が完成して、箔をはがす作業が無くなり、自動箔押し機を、使った
効率化が進みました。

田中箔押所でも 昭和中期まで、真鍮板箔で、帽子の箔押しをしいました。
作業場には、箔をはがす作業の人が、箔押し職人の横にいました。 ナイフで削り落とした、箔が舞う光景の記憶があります。

箔押し(ホットスタンピング)とは、何か

現在 箔押し、 ホットスタンピングは、ほぼ同義語です。
箔押し(ホットスタンピング)は、熱転写箔を凸版で、印刷します。
真空蒸着箔の裏面に接着剤があり、接着剤を版からの熱で、活性化し材料に箔を
転写しています。

接着剤の種類を変える事により 紙 皮 プラスチックなど、色々な素材に、対応できます。
箔押し(ホットスタンピング)での 転写は、他の印刷と一線を画す、光沢があり・
特に、金 銀 の光沢は、豪華で存在感があります。
また、版の形状を工夫することにより、凹凸の在る印刷が可能で、存在感のある仕上がりになります。
箔押し(ホットスタンピング)の用途は、製本 皮革製品ビニール 文具 など
ほとんどの、分野に活用されています。

材料

箔押し(ホットスタンピング)の材料は、彫刻版 写真製版 に代表される、金版と、金属箔 顔料箔 に代表される、箔が、主になります。

最近は、色々な素材に対応した、箔が、開発されています。
また版の制作も手彫りから、コンピュター制御の、彫金 
データー入校の写真製版に移りつつあります。

特殊 箔押し

特殊 箔押し(ホットスタンピング)には、ホログラム箔押し、転写箔押し ラバー版押し 盛り上げエンボス加工 ウエルダー併用箔押し などがあります。

因みに 筆者の田中箔押所では、一般の箔押し勿論ですが、 盛り上げエンボス加工 ウエルダー併用箔押しが得意です。