鞄のお手入れ

大切な鞄も、使いっぱなし、ほったらかしでは、すぐに汚れたり傷んだりしてしまいます。
お手入れの仕方や、保管の仕方1つで、随分寿命が変わりますので、鞄に是非最適なケアをしてあげて下さい。


保管とお手入れの方法


皮革製品

日常のお手入れ

雨などに濡れた場合は柔らかい布でから拭きし、陰干しして下さい。

手垢などが目立ってきたら

革専用のクリーナーをご使用下さい。
但しモノにより色落ちすることがあります。必ず目立たない部分で試し拭きをして下さい。
また水染めの革はクリーナーが使えません。から拭きするか、消しゴムを使用して下さい。

ご注意

ベンジン、シンナーなどのアルコール系溶剤の使用、洗剤や水での丸洗いは、皮膜の損傷、色落ちの原因となりますので避けて下さい。
皮革本来の風合いを生かした仕上げをしてますので、濡れたり、摩擦で色が落ち、衣服などを汚す場合もあります。


合成皮革製品

ほこりなどの軽い汚れ

よく乾いた布でから拭きして下さい。

手垢などの油性の汚れ

水1カップに家庭用中性洗剤2〜3滴を溶かし、柔らかい布に含ませ、よく絞って拭き取ります。
その後陰干ししてからから拭きして下さい。

ご注意

ベンジン、シンナーなどのアルコール系溶剤の使用、洗剤や水での丸洗いは、鞄の表生地や裏面加工を傷めることがありますので、避けて下さい。
合成皮革は分子結合からなる素材です。 年月の経過と共に劣化して剥離する事があります。


化学繊維製品(ナイロン、アクリルなど)

日常のお手入れ

柔らかいブラシでほこりなどを払い落として下さい。

手垢などの油性の強い汚れ

中に水が入らないように注意しながら、水で薄めた中性洗剤でブラシ洗いして下さい。

ご注意

ベンジン、シンナーなどのアルコール系溶剤の使用、洗剤や水での丸洗いは、鞄の表生地や裏面加工を傷めることがありますので、避けて下さい。


前のページへ戻る